フロントウインド

ジャガー・Dタイプのことをあまり知らなかったので
今更ですがいろいろ調べてみました

昨日書いたキットの上下分割ですが
この時代の車はフレームにボディーをかぶせていて
中でもジャガー・Dタイプはドアが上半分しかなく
その下のボディーが車体下面中央のフレームまで回り込んでいるので
上下分割しかやりようがないんですね

なのでしっかり上下をビス止めして軽く磨いてみました
(こうするとゆるゆるの内装パーツがピタリと決まるのが不思議)

DSC02921.jpg

DSC02930.jpg

塗装を薄くしてオモチャっぽくしないようにするしかないですね

フロントウインドもしぼり直す準備です

DSC02933.jpg

DSC02937.jpg

ネットでこのキットの完成品をいろいろ探したんですが
どれもいまいちカッコよくないんです
何でかなーと思っていたんですが
どうもこのウインドパーツの上下幅が厚すぎるんじゃないでしょうか?
(いや、そもそも車体が薄すぎると思う)

普通そんな時は下側を削ると小さくなってボディーと合わないので
上側を削るんですが
この車はトノカバーがあるので削れません
仕方なくみなさんキットパーツのまま厚いウインドウで作ってるんだと思います

雑誌で見たバーネットの完成品はトノカバー部分をセル板か何かで作って
フロントウインドに金属板で付けています
しかしコレもごまかしでした

ウインドを低くするためかトノカバーをキレイにするために別パーツにして
接合部を金属板で隠したんでしょうが
接合部に金属板はありません

レース前の車検時と思われる写真を見つけました

DSC02939.jpg

DSC02942.jpg

(私には金属板に見えません。アクリル板かも?)
フロントは5つのボタン(ビス)で止めています
サイドにボタンは見えません(テープかも?)

キットには下側を止めているファスナーみたいなエッチングパーツが入ってますが
こちらもボタンのようです(コレはみなさんも再現して見えます)

今の所このボタンもウインドを止めているビスも
作るつもりはありませんが
フロントウインドはもう少し薄く作りたいです


↑ とまあ今朝ココまで書いたんですが

今調べたらキットは1957年のルマン
写真は1956年のルマンでした
正解はどこに?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

HADAKIN

Author:HADAKIN
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
かうんたー
カテゴリ
TZ2 (8)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR