グリル ライト

グリルやライトパーツが頼りないです

DSC02306.jpg

グリルはもっとしっかりしたワクを作ろうかと思いましたが
(ボディーとの間に隙間ができるんですよ)
うまくできそうにないので
逆に段差を作ってワクを見せない事にしました

DSC02301.jpg

実車に忠実ってことより模型としてキレイにしたいと思います

ライトはまるで使えません
リムはアルミを旋盤で削って作ります
ちょうどいい太さがなかったので少し大きいですねー

DSC02304.jpg

↓ 応援ポチッして頂けるとありがたいです
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


3日ほど前に『プリデスティネーション』を見ました

見てるとその先の展開がわかるんで
「おまえなー そんなうまくいくかよー 人間には感情があるんだから 数学の公式じゃないんだぞー」
とか言ってそのシーンがくると

「わかる!その気持ちはよく伝わったよー!!」
になっていて 泣きそうになっちゃったりして つーか泣いちゃって
脚本がいいのか役者がうまいのか(両方!) まあホントにすばらしい!

その後飛ばし飛ばしでもう2回ほど見ちゃって
「ああ パラドックスやパラレルワールドに触れてない」
とか感心しちゃって(説明調のいらない台詞 つまり伏線 が多すぎるが)

スゲー心に残る映画でした (他人にはオススメしませんので)
サラ・スヌークがジョディ・フォスターに似てるのはあえてですよね




で、さっきから『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を見始めたんですが
1時間ほど見た所でどうにも矛盾が我慢できずその先が見てられなくて
ちゃんと解決するんかいな?とネットを見てみたら
同じように矛盾を感じる人が多くてヤフー知恵袋とかに質問してたりして
「矛盾ではありませんよー」なんて答えてくれてるのを読むと
回答者が設定が理解できてないような人だったりして

原作者に
「文系の頭でSFを書くなー !!」
とかおこったりして

で原作者を調べたらライトノベルの作家だったりして・・・
私が悪うございました !!
これはSFではなかったんでございますね
あらためて小松菜奈を見させて頂きますです!!


『プリデスティネーション』・・・・・・・・・・・・ヤフー映画3.76
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』・・・・・・ヤフー映画4.05
トホホ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

HADAKIN

Author:HADAKIN
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
かうんたー
カテゴリ
TZ2 (8)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR